日本歴史地名大系 熊本県の地名 第44巻

熊本県の地名 日本歴史地名大系

Add: bycuwag35 - Date: 2020-11-20 07:27:43 - Views: 1114 - Clicks: 497

落札後はオーダーフォームへお進みください【上部↑↑緑色のボタンから行えます】 ※弊社では独自のオーダーフォーム(外部サイト)を利用しております。 プライバシーマーク取得済みの信頼のおける業者が提供するサービスとなりますので、どうぞご安心してご利用ください。 単品 C. 著者 日本歴史地名大系44 刊行年 昭60; ツイートする. 日本歴史地名大系 村・坪山村・平林村・虫生村・七ヶ巻村・東大滝村及び上信越山岳地帯を含んでいる。 郷内の地勢は、 苗場山 (二一四五・三メートル)・大次郎山(一六六二メートル)・毛無山. 日本歴史地名大系 第44巻 (熊本県の地名) ¥ 3,300 平凡社編 、平凡社 、1985 、1013p 、27cm 、1冊.

『日本歴史地名大系 第44巻 熊本県の地名』(平凡社,1985)528頁 圭室文雄編『日本名刹大事典』(雄山閣出版,1992)937頁 『熊本・観光文化検定 公式テキストブック』(熊本商工会議所,)179頁. 日本全国のおもしろ地名、話題の地名、ニュースに取り上げられた地名などをご紹介。 地名の由来、歴史、風土に至るまで、JK版「日本歴史地名大系」を駆使して解説します。 さらに、その地名の場所をGoogleマップを使って探索してみましょう。. 11: 大きさ、容量等: 859p ; 27cm: 注記 付 (地図1枚 袋入) : 山梨県全図 isbn:: 価格: 2円 (税込) jp番号:: 巻次: 第19巻 (山梨県の地名) 出版年(w3cdtf) 1995. 東京都の地名(第13巻) 日本歴史地名大系第13巻/平凡社地方資料センター(編者). 近津鹿島神社 - Wikipedia 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典43熊本県』角川書店、1987年、1189頁;日本歴史地名大系44『熊本県の地名』平凡社、1985年、522-523頁;新熊本市史編纂委員会『新熊本市史、別編第2巻』熊本市、1996年、375-376頁. 日本歴史地名大系 熊本県の地名 第44巻 鳥取県の地名 平凡社地方資料センター編 (日本歴史地名大系 / 平凡社 編, 32) 平凡社, 1992.

森本一瑞『肥後国志 巻之11』(熊本活版舎、1885) 『宇土郡誌』(宇土郡、1921) 宇土市編纂発行『宇土市史』(1960) 日本歴史地名大系44『熊本県の地名』(平凡社、1985) 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典43 熊本県』(角川書店、1987). 熊本県の地名 附図共. See full list on wpedia. 1974年(昭和49年)頃、谷川健一の発案により、戦前の『大日本地名辞書』を凌ぐ地名辞典編纂を目指し、計画が立ち上がった。各都道府県毎に、主に地元大学の歴史学者等の監修のもと編集委員会が組織され、その下で在野の郷土史家を含めた各地域の専門家が手分けして執筆に当たった。 1979年(昭和54年)の『長野県の地名』を皮切りに20年余りをかけて刊行が続けられ、年(平成16年)、最後の『福岡県の地名』が刊行、同年第52回菊池寛賞を受賞した。年(平成17年)別巻の索引2巻をもって完結した。 ほぼ同時期に角川書店によって『角川日本地名大辞典』が編纂されたが、全巻完成は『角川』より15年ほど遅れている。 1997年(平成9年)、寺社の項目を抄出、増補した『京都・山城寺院神社大事典』、『大和・紀伊寺院神社大事典』、『近江・若狭・越前寺院神社大事典』が刊行された。 年(平成18年)10月1日、ジャパンナレッジにおいて電子化され、インターネット上で利用できるようになった。この際最新の考古学の成果が取り入れられ、当時の市町村合併に対応した。その後も市町村合併は続き、検索面では対応が続けられたが、本文は変更されていない。.

日本歴史地名大系 平凡社 編 平凡社, 1979. 足手大荒神(熊本県熊本市西区河内町野出) 医王寺境内の足手荒神(熊本県八代市袋町5-34) - 足手荒神として信仰されている青面金剛堂は、松井氏の八代城主時代における建造と伝えられ、八代市による有形民俗文化財の指定を受けている 。内部リンク先. 3: 大きさ、容量等: 1013p ; 27cm: 注記 付 (地図1枚 袋入) : 熊本県全図 isbn:: 価格: 16000円 (税込) jp番号:: 巻次: 第44巻 (熊本県の地名) 出版年(w3cdtf) 1985. 日本歴史地名大系 (44) 熊本県の地名. 群馬県の地名 日本歴史地名大系10 平凡社.

4 諸注意 全体にヤケ、シミ、摺れ、ヨレ、破れ、汚れ等がありますが、本文は良好です。ご了承の上ご入札下さい。 発送サイズ 60サイズ ご落札にあたって(ご落札前に必ずお読みください) ・商品は画像に写っているものがすべてです。 説明文. 日本歴史地名大系: 出版地(国名コード) jp: 出版地: 東京: 出版社: 平凡社: 出版年月日等: 1995. 08-d17-dn 書誌id(国立国会図書館オンラインへのリンク)doi 10. 第4冊 著者 大日本地誌大系刊行会 編他 出版者 大日本地誌大系刊行会 出版年月日請求記号 291. 落札後はオーダーフォームへお進みください【上部↑↑緑色のボタンから行えます】 ※弊社では独自のオーダーフォーム(外部サイト)を利用しております。 プライバシーマーク取得済みの信頼のおける業者が提供するサービスとなりますので、どうぞご安心してご利用ください。 単品 E ・外函. 熊本県の地名 日本歴史地名大系 第44巻 フォーマット: 図書 責任表示: 松本雅明ほか編 出版情報: 東京 : 平凡社, 1985 形態: 1013p ; 27cm 著者名: 松本雅明ほか編 書誌ID: JT50054493. 『日本歴史地名大系』(にほんれきしちめいたいけい)は平凡社出版の地名辞典。47都道府県と京都市の48巻、索引2巻の都合50巻から成る。 吉田東伍『大日本地名辞書』を継ぐもので、同時期に刊行された類書に『角川日本地名大辞典』がある。.

年10月24日 初版第一刷: 日本歴史地名大系第44巻 熊本県の地名 1985年3月25日 初版第一刷: 日本歴史地名大系第45巻 大分県の地名 1995年2月21日 初版第一刷: 日本歴史地名大系第46巻 宮崎県の地名 1997年11月12日 初版第一刷: 日本歴史地名大系第47巻 鹿児島県の地名. 「日本歴史地名大系 第44巻 熊本県の地名」下中邦彦(平凡社)1985年3月25日 「熊本県大百科事典」 熊本日日新聞 1982年4月25日 外部リンク 編集. さいたま市 §行政 さいたま市(さいたまし)は、埼玉県の南部に位置する市。埼玉県の県庁所在地で、政令指定都市。表話編歴さいたま市の町・字 西区飯田飯田新田植田谷本植田谷本村新田上野本郷内野本郷上内野指扇指扇領辻指扇領別. 1 49 : 総索引 50 : 分類索引. 「日本歴史地名大系 第44巻 (熊本県の地名)」を図書館から検索。カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索ができる. 25か7528 愛知県の地名 日本歴史地名大系 第23巻 付録 愛知県全図付き 平凡社 商品説明+++ 愛知県の地名 日本歴史地名大系 第23巻 付録 愛知県全図付き 平凡社 注意事項+++ 経年相応の焼け、擦れ等ございます。. 『日本歴史地名大系 第24巻 三重県の地名』 昭和58年5月: 平凡社: 倉田正邦 『宇治山田明治年代記』 昭和57年5月 三重県郷土資料刊行会: 伊勢志摩の歴史刊行会編 『伊勢・志摩の歴史 下巻』 平成4年8月: 郷土出版社: 皇學館大學考古学研究会.

〒熊本県熊本市西区二本木 4-22-4 TEL:FAX:熊本県公安委員会南第862号. 『日本歴史地名大系 第44巻 熊本県の地名』(平凡社,1985)836頁 圭室文雄編『日本名刹大事典』(雄山閣出版,頁 『熊本・観光文化検定 公式テキストブック』(熊本商工会議所,)60,148頁. 日本歴史地名大系: 出版地(国名コード) jp: 出版地: 東京: 出版社: 平凡社: 出版年月日等: 1985. 日本歴史地名大系〈第8巻〉茨城県の地名 (1982年) 1982/11/1 -.

11501/1879435 公開範囲 インターネット公開(保護期間満了) iiif. サイズ名称 縦 横 厚さ 付属品 単位:cm 27. 『日本歴史地名大系 第44巻 熊本県の地名』(平凡社,1985)728頁 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典 43 熊本』(角川書店,1987)121頁 圭室文雄編『日本名刹大事典』(雄山閣出版,1992)24頁. 労働行政史 第三巻 昭和27~35. 「日本歴史地名大系 第6巻 (山形県の地名)」を図書館から検索。カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索ができる. 「日本歴史地名大系第44巻 熊本県の地名」では永野城を日渡城のこととしているが、隈部館と日渡城を混同した可能性が高い。 脚注 脚注の使い方.

熊本県)』、角川書店、1987年) 「五箇庄」(『日本歴史地名大系 第44巻 熊本県の地名』、平凡社、1985年) 村田公三郎「五家荘」(『熊本県大百科事典』、熊本日日新聞社、1982年). 武蔵国児玉郡富田邑(現在の埼玉県本庄市富田)発祥の氏族。武蔵七党中最大の武士団とされた児玉党を構成する氏族であり、児玉氏の本宗家から派生した。遵って、藤原姓とあるが、本来は有道(在道)姓である。児玉党の本宗家3代目児玉武蔵権守家行の三男である児玉三郎親家が、父家行から児玉郡の富田(とみだ)の領地を与えられ、土着して、富田三郎親家を名乗った事から始まる。遵って、12世紀中には富田氏を名乗っている。兄に庄太夫家弘(児玉党本宗家4代目)がいる。児玉党系富田氏の一族は、『吾妻鑑』『太平記』『前太平記』『北条五代記』『関東古戦録』などの資料に名が見える(薩埵峠の戦いにも参戦している)。 なお、親家は紀伊国の所領を得ているが、武功を立てて得たものではなく、幕府軍に生け捕られた時、将軍家に力芸を見せた事で罪を許され、所領を得たと言う変わった経歴を持っている。 親家の長兄は児玉郡の栗崎の地へ行き、庄氏を名乗り、次兄は児玉郡の塩谷の地に土着して塩谷氏を名乗った。遵って、児玉党系富田氏は、庄氏・塩谷氏と同族である。 児玉党の家紋は「軍配団扇紋」であるが、本宗家から領地を分与される際、その地名を氏とすると共に団扇の中の模様のみを変えた。その為、基本は軍配団扇であるが、氏族ごとに模様の方は異なる。富田家は他の党氏族と異なり、柄である竹が短めに書かれており(柄頭に飾りもある)、葉の方が強調されている(他の軍配団扇紋と比べ、全体的にはシンプルである)。葉は全部で五枚(左右に二枚ずつ、天辺に一枚)。厳密には、下段の葉は四枚葉、中段の葉は三枚葉、上段の一枚も三枚葉となっており、竹の上部に横長の方形が描かれている(竹の一部とも見て取れる)。特に細かい紋名はない模様である。.

日本歴史地名大系 熊本県の地名 第44巻

email: sylybywe@gmail.com - phone:(983) 777-5913 x 1181

「語り論」がひらく文学の授業 - 中村龍一 - フリーソフトで今日からラクラクパソコン入門 浅賀幸一

-> まちがいカレンダー - 古田足日
-> 特別支援学校新学習指導要領パスライン ’22年度 - 時事通信出版局

日本歴史地名大系 熊本県の地名 第44巻 - 更級悠哉 退位せず 昭和天皇


Sitemap 1

神田川遡上 - 岩垣顕 - 改正労働組合法の解説 厚生労働省